取り立てはどのように行われるの?

取り立てはどのように行われるの?

お金を借りる事で、毎月返済しなければいけないのですが、その返済に滞りが生じてしまうと、金融業者からの取り立てが行われる場合もあります。

 

取り立てにはルールがありますから、ルールに沿っていない場合には、警察や消費者センターに連絡してください。

 

 

 

取り立てを行う場合には、2人までと決められています。
大人数で押しかけたり、脅し文句をいうような行為は禁止されてますので、帰って欲しいと伝えても、帰ってくれないような場合や、時間外の取り立てを行うような行為も禁止されています。


 

取り立てを行っても良い時間には、指定されている時間があり、午前8時から午後9時までと決められています。その時間以外に訪問だけではなく、電話での取り立てが行うような行為も違法となります。

 

近隣にお金を借りている事がばれてしまうような行為を取り入れる事も禁止となっていますから、ビラを貼ったり、大声で怒鳴ったりするような行為も禁止されています。

 

家族には、借り入れを返済する義務はないのですが、家族に返済を求めるような行為も禁止となりますし、肩代わりをするように伝える事も禁止となります。

 

 

 

取り立てのルールを守っていない金融業者の場合、大抵の場合が闇金となりますが、若干でも脅されているような感覚を覚える場合には、消費者センターに連絡をして、行政指導を行ってもらいましょう。


 

弁護士に相談をし、債務整理を取り入れる事で、取り立てはすぐにストップする事になりますから、新たにお金を借りるのではなく、債務整理を検討しましょう。

お金借りる-トップページへ戻る