公的機関からお金を借りる方法はどのようなものがあるのか?

公的機関からお金を借りる方法はどのようなものがあるのか?

現在はお金に困っても、カードローンで手軽に便利にお金を借りることができる時代になっています。しかし、ローンの審査が下りないとか、借りられる人がいないという場合もあります。

 

返済できる当てのない人には、友人や知人もお金を貸すのをためらってしまいます。また、頼まれても貸すお金のない人もいます。

 

そんな時は公的機関からお金を借りることを検討してみてください。

 

 

 

例えば、国から生活費や一時的な資金としてお金を借りる制度の総合支援資金貸付があります。


 

この制度は職を失って収入が途絶えたり減少して生活ができなくなった場合とか、高齢や障害を持っている人が普通の通常の生活を送ることを目的としたもので、各都道府県の社会福祉協議会から生活費のためのお金を借りることができるようになっています。

 

 

 

連帯保証人が必要で、保証人が立てられない場合には、1.5%という金利で借りるようになります。


 

しかし、この制度は誰でも利用できる訳ではなく、次のような条件に当てはまる人がこの制度を利用できます。

 

この制度を利用できるのは、収入が少なく、他から借りることができない所得の少ない人や、65歳以上の年齢の人で療養や介護を必要とする人他、体に障害を持っていて、かつ、身体障害者手帳や療育手帳、あるいは精神障害者保健福祉手帳を持っている人が対象になります。

 

生活に行き詰って自殺する人や家族で心中する悲惨なニュースもたくさんあります。そうならないために、まずは都道府県に社会福祉協議会に相談してみることをおススメします。

 

この制度は国の制度ですが、何らかの制度がある地方自治体にもありますから、お住まいの自治体の窓口で相談してみてください。

お金借りる-トップページへ戻る