カードローンの審査で重要な個人信用情報

カードローンの審査で重要な個人信用情報

借り入れの審査の基準となる、個人信用情報とは、通称ブラックリストと呼ばれている物となります。

 

ブラックリストと聞くと、何らかの冊子に自分の名前が載っていて、ブラックリストに名前が載っている事で、お金を借りる事が出来ないのではないかと考えている人が多いのですが、そのような物ではなく、

 

 

 

個人信用情報とは、指定信用情報機関が管理をしている情報となります。


 

信用情報機関は、JICC(株式会社日本信用情報機構)・CIC(株式会社シー・アイ・シー)・JBA(一般社団法人 全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター)があります。

 

個人的なお金の流れが全て記載されている事になり、名前や生年月日、年収や債務整理の過去、契約をしている金融業者の数や、クレジットカードの契約件数、そして現在までの借り入れや、公共料金の支払いなども含めた延滞の過去などが記載されています。

 

 

 

ブラックリストと呼ばれている物は、その指定信用情報機関が管理している個人信用情報に記載されている、悪い記載の事を呼びます。


 

個人信用情報に記載されている物は、徐々に古い物から消えていき、新しい記載が増える事で、問題がない記載は消されていくことになるのですが、債務整理を行った過去などは、5年から10年程度残る事になりますし、保証会社が借り入れを保証した過去がある場合にも、悪い記載として、数年間消える事がなく、個人信用情報にブラックリストとして残ってしまう事になりますから注意しましょう。

 

 

お金を借りる際に、どこからもお金を借りる事が出来ない場合には、自分自身で個人信用情報の開示請求を取り入れ、自分の個人信用情報がどのような記載になっているのかをチェックして見る事も良いでしょう。

お金借りる-トップページへ戻る