お金を借りる事が出来る人・出来ない人

お金を借りる事が出来る人・出来ない人

金融業者からお金を借りる事が出来ない人としては、返済能力がないと判断された人となります。

 

 

 

 

お金を借りる場合には、どんな人でも必ず審査が行われ、その審査によって、お金を貸してもいいかどうかを判断して決まります。


 

審査の基準は、金融業者によって異なりますが、個人信用情報と呼ばれるお金に対しての個人情報を参考に、行われることがほとんどとなります。

 

そのため、仕事をしていない人や、他社からの借り入れ額が非常に膨れ上がってしまっているような人の場合には、新たな契約を進める事は出来ません。

 

その他にも、債務整理の過去がある人や、延滞を繰り返しているような人の場合にも、お金を借りる事が出来ない場合が多くなっています。

 

1社から借り入れの契約を断られてしまった場合でも、他の金融業者であれば、審査の基準が異なるので、借り入れ可能と判断されるような場合もあるのですが、

 

 

 

一度に複数の金融業者に申し込みをしてしまうと、信頼できないと判断されてしまい、どこの金融業者とも、契約を進める事が出来なくなってしまう事があるので注意しましょう。


 

一度審査がクリアにならなかった場合であっても、半年程度期間をあけ、再度申し込みをする事で、審査がクリアになることもありますが、返済能力があると思われる状態にしておかなければいけませんので、他社からの借り入れ額が多くある場合には、借り入れ額を減らしたり、半年間延滞がない状態を作ることが必要となります。

お金借りる-トップページへ戻る