お金を借りるために必要な物とは

お金を借りるために必要な物とは

お金を借りる場合には、金融業者と契約を進める事になるので、身分証明書の提示が必ず必要となります。

 

外国人の場合には、在留カードや、特別永住者証明書などが必要となります。

 

 

 

身分証明書として利用する事が出来るのは、基本的には運転免許証になります。


 

※保険証しか持っていない場合は、住民票も必要な場合がありますので、各カードローン公式サイトで確認してください。

 

来店不要お金を借りる事ができる金融業者であっても、必ず身分証明書をメールや専用フォームから添付して送付しなければいけません。身分証明書を提示する事が出来ない場合には、お金を借りる事はできないので有効な身分証があるか確認が必要です。

 

その他に必要な物としては、

 

 

 

借り入れ限度額を50万円以上の設定としたいと考える場合には、所得を証明する事ができる書類が必要となります。


 

給与明細2か月分、もしくは、源泉徴収票などが必要となるので、借入限度額の設定を多くしたい場合には、所得を証明する事が出来る所得証明書などを準備しておく必要があります。

 

返済を毎月口座からの引き落としにしたいと考える場合には、引き落としに利用する銀行名と口座番号や、口座を作成した時の印鑑なども必要となります。

 

身分証明書の住所と、申し込みをする際の住所が異なる場合には、現在その住所に居住していると証明する事ができる、公共料金の明細や社会保険料の領収書なども必要となります。

 

書類に不備があると、契約を進める事は出来ませんから、事前に必要な書類を用意しておくとスムーズに借り入れの契約を進める事が出来るでしょう。

お金借りる-トップページへ戻る